«

»

3月 17

巨大な年の差も「オッケー」の男子は、むしろマザコンじゃない。

DK025_L

それでは逆に、15歳上でも、20歳上でも「全然オッケー」のスタンスを取る年下男子は、どうなんでしょう?
たまにそういう男子がいますが、だからといって、マザコンだと決めつけるのは、短絡的です。むしろ、逆だと思います。
大抵は、お母さんの過干渉が、極端な年上好きの要因になっています。
むしろこういう男子は、母なるものと、性のイメージを積極的に重ね合わせることで、
地盤を揺るがし、破壊させ、一刻も早く、ベタベタした家から離れたいと思っているようです。
もう息子はとっくに自立しているのに、お母さんだけが、いつまでも息子を溺愛し、
セックスレスの夫以上に、自分の彼氏のように考えている場合、こういったことが起こりがちです。
同じ遺伝子を持つ者同士なので、出会った頃の夫と、息子の顔がみょうに重なり、余計にその思い出にしがみついたりするわけです。
しかし、こちらの場合も、年下男子としては、きわめて正常な反応なので、心配いりません。

むしろ、そんな過干渉なお母さんのおかげで、世のおねえさまがたがウハウハできるわけですから、感謝しなければならないのです。
ただし、本気でつきあうとなると、うるさいお母さんが邪魔しに来ますから、覚悟が必要ではあります。

その場合、お母さんから「ババア」呼ばわりされたり、年齢にまつわるいろいろな皮肉をかまされたりするでしょうが、
こういう困ったお母さんは、息子の彼女が18歳の高校生であったとしても、それはそれで、文句をつけたがりますので、
お母さん自身が楽しめる趣味でも見つけて、息子に執着するのをあきらめる日までは、柳に風と、流してあげてください。

出典: